テレビを見れば。。。。part0177

 皇統廃絶クーデター発生75日目、極東戦域核戦争開戦29日目(ToT)。〔緊急連載〕現代日本・政治経済史まとめ・その11。さて、いよいよ「今」に続く第一次安倍内閣から話を始めよう。兄貴分の小泉純一郎から政権を譲渡された清和会・安倍晋三はひとつの「条件」をかされていた可能性ががきわめて高い。それはおそらく

「財政正常化」問題だったに違いない(-_-;)。

「議員は所詮使い捨て、甘えちゃーいけない」がモットーで、怒らせると20年掛かり相手を「潰し」にくるおっかなーい兄貴から政権を譲ってもらったはイイがトンデモナイ「宿題」押し付けられたわけだ(笑)。「ケンカの天才」小泉純一郎が唯一土付けたのが「国債30兆円枠維持」問題だったもんね(-_-;)。悔しくて悔しくて仕方がなかったんだよ。だから「譲ってやるからこれだけはやれ!」と厳命したに違いない。そう考えると以後の「政局」の成り行きをきれいに説明できるのよ。え、証拠?じゃ、今年2月に財政を論じたこのブログの表を再掲しよう

--------------------------------

※通産財務平衡(プライマリー・バランス)

平成28年度(2016)安倍内閣  −10兆8,199億円 (−17.37%)

平成27年度(2015)安倍内閣  −13兆4,123億円 (−22.55%)

平成26年度(2014)安倍内閣  −17兆9,798億円 (−32.91%)

平成25年度(2013)安倍内閣  −23兆2,205億円 (−49.25%)

平成24年度(2012)野田内閣  −22兆2,998億円 (−48.38%)

平成23年度(2011)管内閣   −25兆2,386億円 (−55.32%)

平成22年度(2010)鳩山内閣  −28兆0,503億円 (−65.41%)

平成21年度(2009)麻生内閣  −17兆2,853億円 (−33.88%)

平成20年度(2008)福田内閣  − 5兆1,848億円 (− 8.98%)

平成19年度(2007)安倍内閣  − 4兆4,332億円 (− 7.71%)

平成18年度(2006)小泉内閣  −11兆2,115億円 (−22.55%)

平成17年度(2005)小泉内閣  −15兆5,790億円 (−32.60%)

--------------------------------

ね、小泉後継の「清和会」内閣のみが強烈に財政引き締めてるでしょ。「経済政治学(エコノポリティクス・経政学)」の解説でも論じるが、「財政」は「常に」緩めるの簡単だが引き締めるのはとても難しいという

財務統制の政策的不均衡(財政のジレンマ)

という法則を持つの。増税は難しく、減税は簡単、収税は難しく、支出は簡単、引き締めは難しく、放漫財政はかーーんたん(黒笑)。当たり前だろ?はっきり書くが、これを国民の上位1割がちゃんと理解していない国では

デモクラシーの運用は無理(怒)!

「アメリカン・リベラリズム」のような「デタラメ」を俺は決して認めない(怒)。いずれ必ず「経済政治学(エコノポリティクス・経政学)」をつかって徹底的に切り込んでやる(激怒)!ま、その話はまた後でする。でさ(-_-;)、いま現在これをちゃんと理解し必要な覚悟きめてる国民何人いるんだ(ToT)?1割は絶対にいないよ(怒)。1パーセントもおそらくはいない(ToT)。「コンマ以下」の世界だ(ToT)。やっぱり、現代日本は「逆・サルの惑星」だよ(ToT)。上記のような現状が改まらないようなら

「制限デモクラシー」の諸制度を早急に導入する必要がある。

それまで「日本国」が存在できるのかどうかすでにあやしい状態になってるけどね(怒)。現にこの問題を間接的にでも論考できた政治指導者は小泉純一郎で最後ではなかったのか(怒)?導入すべき「制限デモクラシー」の諸制度の検討はまた後日する。話を元に戻す。つまり、第一次内閣で安倍晋三

「恨み節の国民」という前門の虎と「小泉純一郎」という後門の狼

に挟まれちまったわけだ。そして、第21回参議院議員通常選挙(2007年)で「大敗」しひっくり返った(笑)。後任にはピンチヒッターで福田康夫官房長官が起用された。が、状態おんなじ(笑)。福田総理は一年やるとあっさり体をかわし、

あなたとは違うんです!」

と言い残して宏池会為公会麻生太郎にお鉢を回した(2008年)。げんなり、罰ゲームかよ(-_-;)。いくら小泉元総理が怖いからって選挙もやらずにクルクル政権変えないでほしいわ。麻生政権は宏池会系なので小泉元総理の意に反してリーマンショックを機に積極財政に転換したがときすでに遅し、小泉時代潜行したマスゴミプロパガンダが爆発し「運命の2009年」を迎えることとなる。

第9ラウンド 民主党 VS 自民党

(2009年〜2012年)まさに、大惨事発生だ(ToT)。税金の代仮案は「埋蔵金」とうそぶき、議員が「シャブ」でつかまり、総理官邸が警視庁に「ガサ入れ」され、義捐金が100億の単位で行方不明となり、国家的緊急時に総理が「敵前逃亡」する政党に

3347万5335人が「投票」した(怒)。

あの「ルーピー鳩山」のどこ見て「内閣総理大臣最適任者」だと思ったの(ToT)?ほんと、「投票」した人に聞きたいわ(ToT)。誰がどこをどう見たって「衆愚政治(モボクラシー)」そのものだったぞ(怒)?ふーーー、ここで悔やんでも仕方ない(-_-;)。でも、一つだけみんなで「勉強」したよね。デモクラシー運用の「秘訣」は全国民が

「民意」は「間違う」こともある

という事を決して忘れないことだと(-_-;)。「無謬の民意」など「無謬の人間」が存在しない以上どこにも「存在しない」んだってことを(-_-;)。学んだはずだ(怒)。それはさ、当たり前の話だが

「現在の民意」にも当然適応される

んだよ。民主党は「駄目・駄目」で、自民党は「オーケー」にはけっしてならない。自民党「駄目・駄目」で民主党は「オーケー」にはならなかったでしょうが(-_-;)。全国民悶絶の「超ウルトラハイパー駄目・駄目」だったでしょ、もう忘れちゃったの(笑)?あくまで、国家・国民にとって必要な「政策」を適時適切に提示・実行できるかどうかが唯一絶対の判断基準。一言で言えば

国益」を守れるかどうか

さ(-_-;)。ま、そのへんの仔細な分析も「経済政治学(エコノポリティクス・経政学)」の解説のほうでやるよ。さてと、そして3人の「超ウルトラハイパー駄目・駄目宰相」が日本国を滅亡寸前の「焼け野原」に変えた後、2012年12月自民党は政権を奪回した。だが、あれほど悪逆非道を繰り返した

民主党は57議席を確保して「生き残った」(怒)。

原発を爆破し、震災関連死だけで1000人以上「殺した」連中だぞ(怒)!福島県相馬市では足腰が不自由な老人がバタバタ「餓死」した(ToT)。なぜ、962万8653人もの人間が「投票」する(怒)?ほんとーに「連合」という名の「鬼畜役人ギルド」が憎い(ToT)。憎くて憎くてしかたがない(ToT)。おまえらがいなければいまごろ民主党なんざ影も形も存在しねえよ(怒)。「連合」の組合員には「赤い血」が一滴も流れていないに違いない(怒)。原発爆破し、爺婆を餓死させるのそんなに楽しいか(黒笑)?東電に責任擦り付けても俺には効かないよ。大体、おまえら「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。」とする憲法第15条に完全・完璧に違背する

憲法違反の「犯罪結社」じゃねーーーーか(激怒)!

はーーーー、この問題もいずれやる(怒)。てかさ、ほんとーーに腐れてると思わない?日本の人文系学者?特に自称・法学者と政治学者(怒)。すえてドロドロ、支離滅裂。なんで、オタッキーがこれ遣らされてるのよ。こんなこと(ToT)。ふーーーー(-_-;)、長くなったな。愚痴はこのぐらいにしていよいよ、「今」を語ります。その話はまた次回語ろう。疲れた(ToT)。とほほ。

おまけにみくしー検索かけてみました。

鳩山由紀夫

新着日記検索結果一覧 (12件)